スポンサードリンク

2007年04月30日

尾崎豊さん卒業の歌詞

もう何年になるのでしょうか。尾崎豊さんの突然の。。。あの時、私は小学生だったのですが、あれから10年以上が経過しています。尾崎豊さんの卒業。この曲は、本当に凄い曲ですよね。校舎の影芝生の上〜からはじまる歌詞は驚くほどリアルです。思春期の揺れ動く心を赤裸々に表現していますね。学校にいって、普通の生活をしているけど、満足できない、夜の校舎の窓ガラスを壊して回った、信じられない大人との争い。。この支配からの卒業。。。なんか誰にも縛られたくない、誰にも何も言われたくない、そんな孤独感の中で人を愛することを知った。でも生きるために必要なことと、人を愛することの両立ができない。早く自由になりたい。って本当に揺れ動いていますね。。尾崎さんの卒業の歌詞には、本当魂の叫びみたいなものが感じられます。
posted by musicpoem at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 尾崎豊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3870088
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

卒業 歌詞 / 尾崎豊
Excerpt: 卒業 歌詞 / 尾崎豊(歌:尾崎豊/作詞:尾崎豊/作曲:尾崎豊)
Weblog: イベスタ歌詞とる
Tracked: 2007-05-01 09:44
Google